不用品回収を最低限のコストで

先日、家で使っている生ごみ用のごみ箱が破損した(ひびが入った)ため、買い替えることになりました。兵庫でも不用品回収をするにはこんなにもとはその際、破損したゴミ箱の処分する際に、市のごみ収集を利用するか、民間の不用品回収を利用するかで迷ってしましました。そのごみ箱はプラスチック製で蓋つき、サイズは50×25×30だったのですが、市の不燃ごみの回収は最長片が50㎝以内のものでした。浴室を神戸でリフォームやリメイクしようかと思いきちんと計るとおそらく50㎝をわずかに超えてしまい、またゴミ袋にいれると口が結べずサイズ的に不燃ごみで出せるかかなり微妙、市の粗大ごみ収集は専用のステッカーを買える場所が限られています。この神戸の業者で片付けをゴミ屋敷にするといえば民間の収集業者を調べたところ、即日回収に来てくれるところもあり、なるべく早くゴミ箱を家からなくしたかったため民間の業者を利用しようかなと思いました。お風呂リフォーム業者を探して神戸まで行くのはダメもとで市のごみ収集の担当窓口に電話をしてみると「そのサイズであれば不燃ごみで大丈夫です。もしゴミ袋に収まらない場合はゴミ袋を巻き付ければ持って行ってもらえますよ。」と教えてもらいました。不燃ごみ用のごみ袋は家にあったため、結局出費なしで処分できました。不用品回収なんだから神戸に行くといってもサイズや素材で悩んだときはやはりまず、自治体に相談してみるのが一番だと学びました。