持ち込みによる粗大ゴミ処分

自宅の近くに環境清美工場、いわゆるゴミ処分場があります。前日に電話で予約すれば、そこへ粗大ゴミなどの不用品を自家用車で持ち込むことができ、無料で処分してもらえます。実際に持ち込んだときの体験談を紹介します。電話で自宅の住所・氏名・翌日にゴミを持ち込む時刻を指定して予約します。このゴミ屋敷片付けて清掃を神戸で頼むとすると当日はゴミを自家用車に積み込んで処分場に行き、受付で車検証と免許証を見せます。このときに車両の重量が計測されており、車検証に記載されている車両重量との差を見て、持ち込んだゴミのおおよその重量が計算され処分場がデータとして記録します。受付を済ませると、自家用車で燃やせないゴミの廃棄場所・燃やせるゴミの廃棄場所の順に移動し、自分たちで自家用車からゴミを出して廃棄していきます。このとき、岡山でおすすめの根管治療ならここ以外にも一台の車につき処分場の職員が一人ずつ付添い、廃棄されるゴミをチェックします。燃やせるゴミと燃やせないゴミを間違っていないかを主に見ています。重いゴミの場合は廃棄するのを手伝ってくれることもあります。燃やせるゴミでよく捨てていたのは布団、座布団、衣類などで、燃やせないゴミは炊飯器、ラジカセ、室内用物干し台、デスク、食器など多岐に渡りました。神戸のゴミ屋敷はとても清掃や片付けが上手いとは大概何でも捨てることができました。持ち込んだゴミを捨て終わると、そのまま自家用車で専用の出口から帰ることができました。粗大ゴミを含む不用品を大量に処分するには非常に便利なので、これまでに何度か利用しました。